ミヤマ産業TOWNシリーズ紹介
ミヤマ産業TOWN取り組み事例
コミュニティサークル
道路の末端に直径約12メートルの広場スペースを確保しています。お母さんたちの井戸端会議の場になっています。
道路から建物を一定にセットバックし、道路沿いに歩道としてスペースを確保しています。道路に広がりを持たせ見通しを良くすると共に、子供の安全を図ります。
既存樹木の活用
ここにある木々は宅地開発を行なう以前からありました。何十年も前に植えられ立派に育った木々をそのままに公園を配置しました。そして現在この木々たちは、優しく新たな住人たちを見守ってくれています。
グリーンロード
各住戸に色とりどりの樹木を植樹しています。住まいのアクセントとなり季節を感じられます。そして街全体が色着き目にも優しい街路を構成しています。
コミュニティカメラ
街の片隅にWabカメラを設置しています。子供が遊ぶ姿をお家の中から確認できます。
space
トップページへ