2025年国際博覧会を大阪・関西へ。

誘致委員会とは

大阪府や大阪市などの行政や、経済界(企業)、個人のみなさんなど様々な主体が参加しています。
大阪・関西だけでなくオールジャパン体制で、2025年国際博覧会の大阪・関西への誘致実現をめざし活動しています。

誘致活動って具体的に何をするの?

  1. 国際博覧会の開催地は、BIE(博覧会国際事務局)加盟国168ヶ国(※1)の投票(※2)で決まります。
  2. そこで、誘致委員会では、国の外交とともに、BIE加盟国への誘致プロモーション活動を行います。
  3. また、国民のみなさんの万博に向けた期待感(ワクワク感)を高めるための活動を行います。
※1:2017年4月現在 ※2:2018年秋の総会で決定

2025年国際博覧会の概要

開催期間
2025年5月3日〜11月3日(185日間)
開催場所
大阪 夢洲(ゆめしま)(市の中心部から10km)
交通アクセス
車で大阪駅から30分、関西国際空港から60分以内
入場者想定規模
約2,800万人〜3,000万人
誘致ロゴマーク
EXPO2025

いのち輝く笑顔が輪になって、つながっていくという国民的なイベントにふさわしい親しまれるロゴマーク

誘致に向けた
スケジュール

2017年4月24日政府が万博立候補の届出をBIE(博覧会国際事務局)に提出

2017年6月BIE総会

2017年11月BIE総会

2018年6月BIE総会

2018年11月BIE総会(開催地決定投票)

エリアマップ※2025日本万国博覧会誘致委員会ウェブサイトより抜粋

他の立候補国の万博構想

  • フランス

    開催都市:パリ郊外サクレー
    テーマ:共有すべき知見、守るべき地球
    開催期間:5月1日〜10月30日

  • ロシア

    開催都市:エカテリンブルク
    (2020年万博にも立候補)
    テーマ:世界の変革:子供や将来世代のための包括的なイノベーション
    開催期間:5月2日〜11月2日

  • アゼルバイジャン

    開催都市:バクー
    (2020年夏季五輪にも立候補)
    テーマ:人的資本
    開催期間:5月10日〜11月10日

詳しい情報は日本万国博覧会誘致委員会HPをご覧ください
EXPO2025リンク
space
トップページへ